【賃貸】お部屋探しマニュアル!

STEP① 住みたい部屋の条件を決めましょう!

まずはお部屋探しのベースとなる、住みたい部屋の条件を決めましょう。大まかには以下の3項目を決める必要があります。
 
 ●予算と入居予定日
  家賃の目安は一般的に手取り月収の3分の1。家賃の他に管理費(共益費)や、駐車場が必要な方はその金額も含めて検討しましょう。
  また入居予定日は不動産屋さんで最初に聞かれることが多いです。いつまでに引っ越ししたいのか、する必要があるのか期限を決めておきましょう。

 ●間取り
  家族構成や持ち物の量を考えて間取りを検討してみましょう。
  一般的にシングル向けだとワンルーム~1LDK、新婚さんやカップルだと1LDK~2LDK、ファミリーだと2LDK以上を検討するケースが多いです。

 ●沿線・駅、エリア
  お部屋探しは、通勤通学にムリの無い範囲で選ぶのが基本です。
  但しひとつの駅やエリアに限定してしまうと選択肢が少なくなってしまうため、「○○駅まで何分以内で行ける範囲」など幅を持たせると良いですね!

STEP② 物件情報を集めてみましょう!

住みたいお部屋の基本的な条件が決まったら、実際にお部屋の情報を集めてみて、予算内で希望に合うお部屋がありそうかどうか確認してみましょう。
インターネット(ここから探せます)で基本条件に合う物件があるのかどうか、少ない場合は他の沿線や周辺の駅を候補に加えてみると物件が増えることもあります。
また物件の細かな条件を設定することも大事な作業です。
建物の種別や、築年数、最寄駅からの距離、どうしても譲れないお部屋の条件(階数や環境・設備など)を決めておきましょう。

STEP③ 不動産会社にお問合せしてみましょう!

気になる物件が見つかったら、不動産会社にお問合せをしてみましょう。
また見つからない場合でも、希望のエリアや家賃などSTEP①と②で決めた条件を伝えると、まだ広告未掲載の掘り出し物件を紹介してもらえる可能性もありますので、諦めてしまわないことも重要です。
不動産会社を訪れたら、希望条件に近いお部屋の資料を出してもらい、実際に見学するお部屋を決めましょう。
あまりにたくさん見学することは難しいので、効率よく見学する物件を絞り込むのがオススメです。

STEP④ お部屋を見学してみましょう!

見学したい物件を絞り込んだら、いよいよ実際のお部屋を見に行きます。
お部屋見学の際には、間取り図や資料だけでは分からないことが確認出来ますので、実際に住んでからこんなはずじゃなかった!ということが無いよう、しっかりチェックしましょう。

 □ 部屋の広さ・天井の高さ
 □ 物件資料と異なる点がないか(方位が反転している、など)
 □ 冷蔵庫・洗濯機置き場の大きさ・配線の位置
 □ 大型家具を配置する場所の広さ
 □ 収納の高さ・奥行・収納量など
 □ コンセントやテレビ端子の数と位置
 □ 水回りの使い勝手
 □ 日当たり
 □ 周辺環境(騒音・においなど)
 □ 共用部分がきちんと管理されているか
 □ セキュリティ設備の有無と位置
 □ ゴミ置き場の有無と管理状況
 □ 最寄駅までの所要時間(自分出歩いてみた場合)
 □ 防犯面で気になる場所はないか
 □ 出勤・帰宅時間帯の電車本数や混雑具合

STEP⑤ お申込み・ご契約

住みたいと思える物件が見つかったら、出来るだけ早めにお申し込みの手続きを行いましょう。


●一般的に契約に必要な書類
  □ 住民票(入居者全員分が必要)
  □ 連帯保証人の同意書と印鑑証明
  □ 契約者本人の印鑑証明
  □ 契約者本人の源泉徴収票


●契約に必要な費用
  □ 礼金(部屋を貸してもらう謝礼として大家さんに支払うお金)
  □ 敷金(家賃の滞納や室内の破損・汚損した際の担保として預けるお金)
  □ 仲介手数料(大家さんと入居者の仲立ちをした手数料として不動産会社に支払うお金)
  □ 前家賃(入居可能日から次回家賃支払い日まで日割り計算したもの)



ご不明点や詳しいことはお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ